中動態と制度分析

0 はじめに 國部功一郎『中動態の世界』(医学書院、2017年)を読んでいる。 序文を読み、次のような場面を思い出した。ある人へ僕は、「ホントにあなたが、【そのこと】を辞めたいと思ったら、手を貸す」と伝えたことがあった。「もう限界だ、とあなたが感じ…

ブックリスト 【 まくねがおの、ぶっく・りーど・めんずりぶ 】

※ 随時更新予定…?(…しないかも) ・= 未読(未所持)〇= 既読(所持)◎= 対談・ブログ・ツイッター・ツイキャスで言及済み ←【言及URL】 【ウーマンリブ/フェミニズム】 〇田中美津[1972]『いのちの女たちへ――とり乱しウーマン・リブ論』、河出文庫〇…

おどおど桃

おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に、という男女の固定化された分業こそ、性差別を産み育ててきたその元凶だが、それは男を山へ、女は川へ行かねばならないという強制を作りだすことによって維持されてきた。山というのは社会、川というのは…

キョドるマックス ―『マッドマックスFR』の物語について、書きながら考えたこと 3

第三章 招待 3-1 予告編 『マッドマックス 怒りのデスロード』(原題は『Mad Max : Fury Road」。以下、MMFR)という映画がある。まずは、この映像。 <参考> ・「映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』予告編」『YouTube』2015.4.9 https://www.yo…

キョドるマックス ―『マッドマックスFR』の物語について、書きながら考えたこと 2

第二章 経緯 2-1 杉田俊介さん 杉田俊介さんの文章を、ずっと読み継いできた。飽き性で多動の僕が継続してきた、数少ないこと。杉田ファンというより、『ザ・ファン』。杉田さんの文章は、僕のストーキング対象であり、僕は「杉田文体依存症者」である。 …

キョドるマックス ―『マッドマックスFR』の物語について、書きながら考えたこと 1

第一章 僕のこと …昨日の夜、パートナーと深刻な口喧嘩をした。僕の被害者意識が原因で。 相模原障害者殺傷事件。トランプ現象。マジョリティ(…って誰だ?)の人の心の中には、不安や不満が渦巻いているらしい。自らの不安や不満の底から目を背け、別の何か…

「恋愛」が唯一の道か? ―『デート』最終話感想②―

エラく合間が空きましたが、ドラマ『デート』の感想を、一区切りつくまで、書き留めておこうと思います。 (実は、下記の記事のほとんどを随分以前に書いてはいたのですが、書き上げられずに中断していました。2015/9/28に、ドラマ『デート』の後日談的なス…

「自己否定」を飲み下す ―『デート』最終話感想①―

下等遊民ねがお、最後のウンチク。 このドラマを未見の方は、よくわからない内容となっていると思います。ご容赦ください。 これからこのドラマを見ようと思っている方は、ネタばれ満載になっておりますので、見ないことをオススメします。 劣等感と自己否定…

男性社会への抵抗と共闘 ―『問題のあるレストラン』第4話感想

ちょうどつい先ほど、ドラマ『問題のあるレストラン』第4話を見終えたところです。 とても面白く、考え込まされたので、見終えた直後の感想を書き留め、書きながら考えてみたいと思います。 このドラマを見たことがない方には、以下の文章を読んでも、よくわ…

依存、ひきこもり、選民意識 ― 『デート』第二話感想

ドラマ『デート』第二話の感想を書いていきます。ツイッターでの椿さんとのやりとりなどでも多くの刺激を受け、色々と思ったことを、ここに書き留めていきます。 『デート』未見者にはよくわからないような、不親切なものになっていると思います。すみません…

痴漢問題に対する、今後のアプローチ方針

前記事をまとめた上で、今後の僕なりの思考の方針を、メモ的に。 僕自身が、今後集中して考えてみようかなあ、と思っているのは… 「痴漢被害の事実を語り辛い/聞き辛い状況を改善することについて」。 痴漢被害のほか、幼児の性被害や、その他の性暴力被害…

痴漢対策をしっかり考えるための「読み物」「アイデア」集

以前、「痴漢に関する論点」という記事をいくつか書いていましたが、まとめあげられずに中断していました。 この間、主にツイッターから痴漢対策に関する情報を集めていました。 そして、有益な情報が掲載されているサイト等を沢山知ることができました。 パ…

シスへテロ男性固有の困難は、どう名指せば良いのか?(もしくは、名指すべきではないのか?)

らくさんからコメントをいただき、考えこみました。 らくさんは、「これははてなで非モテ論に触れてから、ずっと疑問に思っていたこと」だとして、次のような問いを提示してくれました。 それは「欲望されない苦しみ」が、なぜヘテロ男性固有のものとされて…

孤独な男性のヘイト行動と、他者に認められる欲望

kiya2015さんのハテナダイアリーを読み、考えこまされています。 <a href="http://d.hatena.ne.jp/kiya2015/" data-mce-href="http://d.hatena.ne.jp/kiya2015/">kiya2015だけど。</a> kiya2015だけど。 性暴力のことをSNSで話題にする女性や、…

二村ヒトシを読む①

痴漢考察は、また後日に*1 ツイッターでの勢いに乗じて、以前下書きしていた分をアップしてしまいます。 以下の二つの本を読み、考えこみました。 『すべてはモテるためである』(文庫ぎんが堂、2012年)、以下、『モテため』とします。 &amp…

痴漢をめぐる論点(ツイッターより)⑤

前回の記事の続きです。 痴漢被害と周囲の眼 痴漢被害に遭ったとき、周りに人の眼があるかどうかはとても重要です。 誰も見ていないところで、痴漢に対して抵抗すると、復讐されてしまうかもしれないからです。 紹介するのもおぞましく、恐怖をあおるようで…

痴漢をめぐる論点(ツイッターより)④

前回の記事の続きです。 痴漢被害の実態 あと大抵の男性は、「ほとんどの女性(半数以上)が痴漢や通り魔に遭った事がある」という統計じたいを知らず、「レアケース」か「女が嘘をついてる」と思うらしいのですが、これは学校で教えるかメディアでもたびた…

痴漢をめぐる論点(ツイッターより)③

前回の記事の続きです。 痴漢被害を誰にも相談できないこと @kaneda_junko 昨日から興味深く拝読。十代で就職、いかにもな田舎娘だったので、通勤でよくオジサンに威嚇されて被害にあってました。同年代の友達もいなかったので、会社で困って相談すると「は…

痴漢をめぐる論点(ツイッターより)②

前回の記事の続きです。 男性が、他者から性的な対象として見られる、ということ 男性だと、女性からの痴漢なんて無いってことになってるから、余計に、声をあげづらいですよね。嫌な思いをされたでしょう。RT @air_enjoy ちなみに男の僕も高校時代に二回ほ…

痴漢をめぐる論点(ツイッターより)①

2014/11/13の金田淳子さんのツイッターで、痴漢についてのツイートがありました。 新しき金田淳子 (@kaneda_junko) | Twitter 大事な論点が沢山含まれていると思いましたので、引用させてもらいながら、考えを書き留めさせてください。自分メモ用として。 嗜…

プライド、内省の拒絶、語れなさ

ツイッターからある記事を知り、読んだ感想をメモ的に。 その記事はこちら。 <a href="http://digital.asahi.com/articles/ASGBZ4G0NGBZULFA010.html?_requesturl=articles/ASGBZ4G0NGBZULFA010.html&am…

愛と暴力

ツイッターでいただいたお言葉からのレスポンスとして。 色々と思うところがありますが、じっくり書きながら考えるのはまた今度に。 考える材料にしたいと思っているものを以下、3点に列挙しておきます。 森岡正博さんの議論:性交、暴力、原罪 「膣内射精性…

性への劣等感を引き受けながら、生きていけるのか

水樹さん kiya2015さん へ いただいたコメントに対して、お返事を書いていたら長くなったので、記事としてアップします。 にも関わらず、いただいたコメントには、全然応じていないように見えると思います(ごめんなさい)。 でも、おふたりのコメントを見な…

性暴力加害者の心理

こちらの記事を読みつつ、考えたことをメモします。あいかわらず、思いつきでしかも長い。 性暴力加害者の心理 - キリンが逆立ちしたピアス <a href="http://d.hatena.ne.jp/font-da/20091208/1260272432" data-mce-href="http://d.hatena.ne.jp/font-da/20091208/1260272432">性暴力は自衛可能か? - キリンが逆立ちしたピアス</a> 性暴力は自衛可能か? - キリンが逆立ちしたピアス なお、前回の…

痴漢加害者男性との距離

僕と、痴漢加害者男性との距離は近いのだろうか? 遠いのだろうか?ということを、つらつら考えています。 「ムラムラ」はわかる あんまり関係ないエピソードかもですが。 僕は現実に女性と性行為する経験を経る以前と以後で、女性を見たときの性的な反応が…